FC2ブログ

民法5(親族・相続)のレポートが却ってきました

課題は「相続回復請求権について論じなさい」

民法5は書きやすい!! で、連続で提出してます(^^)


評価は・・・・・・初の高評価(5段階評価です)

指導欄には

・添削課題基準には一通りふれられており、よくできていた   !(^^)!

・学説整理では説明不十分な点もあった

・53年判例では、判旨の引用が長い。検討は不十分

・・・なんか、あまり評価が良くないような・・・


本文においては、細かい字でびっしりと指導が・・・
(主語が曖昧とか・・・主語が曖昧って^^;)

的確な指導に従い、次回も高評価を目指します。。。



そういえば、本日から3日間も親会社からの監査が始まりました
監査担当官は元・銀行員。かなり細かい。
各営業所からの小口現金残高報告書を回収後、会計ソフトに入力してから社長に
回覧すべきか否かで20分くらい説明された・・・
(現状は社長に回覧後、入力している。いけないことらしい・・・)

あとは、棚卸。月次決算をやってる関係上、毎月末に実地棚卸やれとのことですが
どんだけ手間かかると思ってんだか・・・
しかも、どんだけ効果があるの?
最終的には1千万くらいかけて在庫管理ソフト構築しろとか言ってたけど…意味ない

あとは労務管理系・・・事務業務管理系・・・がほとんど・・・
昔の雇用契約書と就業規則の文言に誤りがあるようですが、就業規則作ったのって

アンタらだよね!!
親会社命令で・・・

ストレス溜まりまくりの一日でした・・・
明日は親会社の顧問会計事務所も加わるとのこと・・・特約店の回収の件だろうな・・・

明日、休みて~

民法5(親族・相続)のレポートが却ってきました

課題は「後見制度の概要と問題点について論じなさい」

評価は・・・   3以上の評価をもらったことがない・・・

指導欄には
・本レポートでは、後見制度の概要と問題点について、一定の理解が示されており
 合格レベルに達していると認められる !(^^)!

・特に、成年後見制度が法定後見制度(後見、保佐、補助)と任意後見制度から成り
 立っていることが理解されている点
 問題点として、法定後見、任意後見にひそむ危険性について分析されている点などは
 いずれも積極的に評価できる  !(^^)!!(^^)!!(^^)! こんな評価されたの初めて!!

 しかし、よく読んでみると書かれているのは当たり前のような・・・

マイナス点は
・類型が対象としている能力の程度についての整理が足りない
 (民法7条、8条、11条、12条、15条、16条の検証)

・未成年後見制度について説明がされていない

・条文番号や判決の年月日等が明示されていない ・・・あちゃーって感じ。これはマズイ

あと、本文中に赤ペンでいろいろ書かれているんですが
結論部分「家族や周囲の人がこの制度を理解し、地域の社会福祉関係者や専門家等に
意見を聞き、相談しながら・・・」の部分には二重丸が書かれているのがうれしいですね
(結論が評価されている!(^^)!)


この反省点を生かし、とりあえず、民法2の再レポートに取り掛かろう・・・

商法(会社法)のレポートが却ってきました

初の商法レポート(会社法)が却ってきました
まだ、民法1(総則)のレポートにも手をつけてないのに・・・

課題は「委員会設置会社における社外取締役の役割とは何か説明しなさい」
なんとなく書けそうでしょ?しかも「論ぜよ」ではなく「説明せよ」タイプだし

評価は・・・ こんだけ書きやすい課題で・・・3か・・・

指導欄には
・課題についての理解および明快な説明を評価します

・論述不足なのは
 委員会の意義と機能についての整理
 コーポレートガバナンスからの観点が弱い
 役割発揮のために、どのような制度が補充されるべきか
 監査委員会との長所短所

 って書いてあったけど、2,000字で纏められないでしょ!!これ!!
 たまに、こう叫びたくなる課題や指導がありますよ!!

 本当に・・・(+_+)

民法2(物権)のレポートが却ってきました

課題は
「物権変動における公示の原則と公信の原則を説明し、その関係について論じなさい」

評価は・・・  これもか!! 結構自信あったのに・・・

指導欄を見ると
・物権の排他性、絶対性の説明の後に、公示の必要性が導き出されていれば

・公信の原則についてはよく書かれているが、さらに94条2項の類推適用との違いに
 ついても触れるべき

・171条、178条に言及があるから理解できているとは思うが、不動産は登記、動産は
 引渡&公示方法ときちんと示すべき(曖昧な書き方でした

結構いいこと書いてある気がするけど・・・なぜ2???

法学のレポートが却ってきました

課題は「法源としての慣習法の意義について論じなさい」でした

評価は・・・・・・一応、合格だからいいか・・・
指導欄には
・甘くみて「2」とする (最初にこれですか・・・

・法源の基本的な理解はOK
 主要な論点(慣習法の許容される法領域・・・など)が論じられていない

・課題には「一つの論題についてのみ論ぜよ」というものはない

なるほどね、掘り下げが弱いと・・・
しかし、書いてて思うんだけど、やっぱり法学は難しいよ!!
必修だし、基礎というか、最初に勉強するイメージがあるけど
どう考えても 哲学
道徳の関わり合いを聞いてきたりとか・・・

とりあえず、2つのレポートは書いたので、あとはスクーリングで授業受けて
理解を深め、テストを同時に受けるという形でクリアしたいと思います

法学は終了ということで(^^)
Page top