FC2ブログ

『あらゆる領収書は経費で落とせる』(大村大次郎著 中公新書)

元国税調査官・大村さんの著書です
ただ、この著者って同じ国税調査官出身の久保さんとかとは違い、イマイチ^^;
本当にまじめに国税調査官やってたのか?って思うような人で(失礼)この著者
の本はあまり勉強にならない^^;

ただ、今回はまじめに勉強したようでいくらかマシなことが書かれていました

あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)
(2011/09/09)
大村 大次郎

商品詳細を見る


最近は普通のサラリーマンでも会計を勉強し、非常に高度な知識を持っている人も
多い
ただ、そんな中でも経費に詳しい人はあまりいない
どういうものが会社の経費になり、どういうものが経費にならないか

事業に関連させれば、あらゆる領収書が経費になる
そこのちょっとした工夫を教えましょう・・・という感じです

愛人手当やキャバクラ代も経費にできますよ!!というキャッチフレーズはいかが
なものかと思いますが・・・

実際、私も会計事務所で上記の理屈を覚えましたが、この経験がなければ経費には
慎重になると思います
キャッチフレーズに比べて内容は至極まともで、薄型テレビを買ってもこうすれば
税務署から否認。ただし、こうすれば会社の経費にできますよ・・・というのは目から
うろこかもしれません

この本は個人事業を開業した人や特定支出控除を考えている人にはぜひ読んで欲しい
と思います

ただ、私がいた会計事務所ではもっとあくどいやり方してました・・・
それすらも通用していたので、もっとココまで書け・・・という不満は残りましたが

特定支出控除の改正で、スーツや書籍、セミナーなどが経費として認められるように
なりました
ただし、職務との関連性がキモらしく、職務内容の説明と職務とこの経費はどう関連
するかの説明、領収書なんかが添付資料として必要な様子です・・・

めんどくさ・・・


スポンサーサイト



「消費税95%ルールの適用制限への対応」セミナー | ホーム | 「平成24年度税制改正」セミナー

Comment

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元国税調査官・大村さんの著書ですただ、この著者って同じ国税調査官出身の久保さんとかとは違い、イマイチ^^;本当にまじめに国税調査官やってたのか?って思うような人で(失礼)こ...

2012.06.30 (Sat) | まとめwoネタ速neo

Page top