FC2ブログ

『武器としての決断思考』(瀧本哲史著 星海社新書)

元国税調査官のコンサルタントが薦めていた本です
一時期は平積みされていて、かなり売れていました

武器としての決断思考 (星海社新書)武器としての決断思考 (星海社新書)
(2011/09/22)
瀧本 哲史

商品詳細を見る


京都大学の教授である著者が、授業で教えている「意思決定方法」をまとめたもの
実際かなりの良書で、繰り返し読みたいですし、子供にもいつか読ませたい本です

「不確定の時代を生きていくのに一番必要なのは意思決定の方法を学び、決断力を
身につけること」
過去のやり方は通用せず、人生のレールもなくなり、答えは誰も教えてくれない
「自分の人生は自分で考え、自分で決めて行くしかない」
何を学び、何を仕事とし、どういう家庭をつくるのか?
全部、自分で考えて決める → その考え方を教えましょう!! ディベートです!!
ディベートは客観的に決断するための思考法だ!!
自分の頭の中で議論、反論を重ねろ!!
・・・ってこんなに熱くは語っていませんが、言いたいことは明確で非常に的を得ています

特に学んだ後、武器は持っているだけでは意味がない。使ってなんぼ
得た知識は失敗しても間違ってもいいから、使え!人生に役立てろ! と
また、結論ではなく、結論に至った道筋(考え方)の検証が大切だとも・・・
これは法学と同じですね
法学も 結論が正しいかどうかではなく、結論に至った道筋が正しければ結論は正しいという
考え方ですしね

最近は仕事でも色々決断の場面が出てきます(以前みたいにただ作業!ではなくなりました)
どう振替るのがいいのか?から始まって、スタッフが提案してきたフレックス制をどうするか
リースはどうするか?中退共加入は?物流センターは?千葉の営業所は?・・・
あとあと決断の成否を検証できるよう、しっかりと考えたいと思います
(会社携帯のスマホどうするかとか^^;)


スポンサーサイト



『フラット化する世界』(T.フリードマン著 日本経済新聞社) | ホーム | 受験票が来ました

Comment

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元国税調査官のコンサルタントが薦めていた本です一時期は平積みされていて、かなり売れていました武器としての決断思考 (星海社新書)(2011/09/22)瀧本 哲史商品詳細を見る京都大学の教

2012.05.31 (Thu) | まとめwoネタ速neo

Page top