FC2ブログ

横浜支部「法学」学習会

本日は中央大学通信教育部学生会 横浜支部の勉強会に参加してきました
講師は森保憲先生(桐蔭横浜大学法科大学院教授) 場所はかながわ県民センターです

法律の勉強をするにあたって、一番初めに学ぶ基礎とされるのが法学
そのレポートを書くためにテキストは一通り読んだんですが、テキストだけではどうにも
ならず、学習の方向性が掴めればと思い参加したんですが・・・正解でした

先生も元中央大学法学部出身で、通信制のレポート対策の重要性は理解しているらしく
いろいろと話をしていただきました
(課題によっては2,000字なんかで収まるわけがないとも言われてましたが^^;)

まずは一般的に法学とは・・・から始まり
法学部で学ぶ法学とは所謂「法解釈学中心」で、法学の諸分野についてもざっと説明があり
その後はレポートの課題となっている4つのうち2つについて解説がありました

一つ目は「法源としての慣習法の意義」
日本で認められているのは慣習の一部だけ。その根拠はということで「法の適用に関する
通則法」第3条の解説(買って初めて六法開きました^^;)
関連するところで正文法主義と不文法主義についても言及されてました

二つ目は「法の解釈について」
これは定番ですよね。法的三段論法や文理解釈、論理解釈のそれぞれについて詳細な解釈が
ありました

また課題の一つに入っている「法と道徳の峻別。その是非を問え」についても解説があり
法実証主義と自然法論の説明。自然法論の立場から実証主義批判についてのお話を戴きました

漠然としていた課題について指針を戴いたのは大きな収穫でした
課題のための勉強会ではないけれども、通信生にとってはやはり関心が強いだろうし、課題と
しているのもやはり重要性が高いからだとも言われ、レポート書き終わった後にさらに読み込んで
おくと良いとも言われました
最後に助言として、法律関係が充実した図書館を早く探せとも言われました^^;

本日、正式に支部会員になりました
次回は6月に民事訴訟法の勉強会があり、楽しみです
スポンサーサイト



近況報告 | ホーム | 『月次決算書の見方・説明の仕方』(和田正次著 税務研究会出版局)

Comment

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は中央大学通信教育部学生会 横浜支部の勉強会に参加してきました講師は森保憲先生(桐蔭横浜大学法科大学院教授) 場所はかながわ県民センターです法律の勉強をするにあたっ...

2012.05.14 (Mon) | まとめwoネタ速neo

Page top