FC2ブログ

『稲盛和夫の経営塾』(稲盛和夫著 日経ビジネス人文庫)

『実学』に続いて読んだ稲盛和夫さんの著書です
『実学』も素晴らしい本でしたが、この本もいい内容でした

稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方 (日経ビジネス人文庫)稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方 (日経ビジネス人文庫)
(2007/11/05)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


経営者の集まり「盛和塾」における質疑応答を編集した内容となっています

中小企業特に個人事業が法人化したような会社が多いため、高収益にはどのくらいの
利益率が必要なのか、シェア拡大のためにM&Aを成功させるには・・・のミクロな質問に対し
現場に出て泥まみれになって仕事に精通しろ、利益採算面を向上させ基盤を築け・・・
など的確な答(若干厳しいことも言われてますが)が返されています

例えば、ある二代目社長が業績を直接ボーナスや賃金に反映させる目標管理や客観的に
評価できるマニュアルを作ろうとしていると
「的外れ」と指摘しています
業績によりボーナスを上下させるのはドライなやり方で、意欲をなくすやり方である
功績を称賛し、精神的な栄誉を与えることが本当に報いることである・・・

なるほど~って感じですよね
私自身なんかも同じような人事制度を提案したい気がありましたが、確かに評価者が運用を
間違えると崩壊につながるのを目の当たりにしたことがあります

著者の返答には一貫性がありますので、『実学』『アメーバ経営』なんかを一通り読んでおくと
この本の返答も理解しやすいのではないかと思います
実際、実学に書かれていたようなことも書いてありましたし・・・


スポンサーサイト



『戦略参謀』(稲田将人著 ダイヤモンド社) | ホーム | 『社長を狙うか、社畜で終わるか。』(吉越浩一郎著 日本実業出版社)

Comment

Post comment

Secret

Page top