FC2ブログ

『小説ヤマト運輸』(高杉良著 新潮社)

小説です^^;
久しぶりの高杉良
昔、単行本で読んだことあると思うんですが・・・家にないようなので
購入しちゃいました^^;

小説ヤマト運輸 (新潮文庫)小説ヤマト運輸 (新潮文庫)
(2013/07/27)
高杉 良

商品詳細を見る


そうそう!アマゾンで調べて分かりました! 講談社文庫からは『挑戦つきることなし』と
いう題名で発売されてました

どっちにしろ持ってませんでしたけど・・・どこ行ったんだ・・・

あらすじは、ヤマト運輸の二代目、小倉昌男社長の半生記です
それまでの貨物便から宅急便への業務転換、運輸省との戦い、三越との戦いを中心に
語られています
創業者である父親からの帝王学を含めても、やっぱり優秀な人だったんですね
『経営学』って本も書いてましたけど、あれも面白かった

社会のために必要なものはこれで、実現するためにはこれをしなきゃいけないって
当たり前の用に考えて実践していくって結構大変ですよね
これを実践し続けていったのが小倉社長なんでしょうけど

しかし著者の高杉良・・・小倉昌男本人には一回も会わないでここまで書くって・・・
すごいね・・・


スポンサーサイト



『サラリーマンの教科書』(久保憂希也著 WAVE出版) | ホーム | 『東京難民』(福澤徹三著 光文社文庫)

Comment

Post comment

Secret

Page top