FC2ブログ

『夢を売る男』(百田尚樹著 幻冬舎文庫)

百田尚樹
「永遠のゼロ」「モンスター」に続いて三冊目です
しかも今のところ、どれも面白い
もっと発掘する必要があるかもしれません(^^)


夢を売る男 (幻冬舎文庫)夢を売る男 (幻冬舎文庫)
(2015/04/03)
百田 尚樹

商品詳細を見る


帯には「本を出版したいと思った方は決して読まないでください」の注意書きが・・・
本をよく読む人って、多分いつか自分の本を出したいと思っているはず・・・ですよね
私もいつかは本を書きたいと思っています^^;
そういう意味ではドキドキだったんですが、なるほど自費出版詐欺ですか・・・
作家が書いているから妙にリアル感があるんですよね・・・すべて真実に聞こえてしまう
確かにはじめはひどいな~なんて思ってしまったんですが・・・
最後まで読み通してみると・・・不思議な感想が浮かび上がります

作家にも罪がある・・・これに尽きるかもしれません・・・(^^)


スポンサーサイト



『生存者ゼロ』(安生正著 宝島社文庫)

『ゼロの迎撃』があまりにも面白すぎたので、こっちも読んでみました
やっぱり当たりでした!!
寝不足の日々を過ごす覚悟があれば、ぜひ手を出してみてください(^^)


生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2014/02/06)
安生 正

商品詳細を見る


よくあるウイルスのパンデミックの話かと思ったんですが・・・
たしかにウイルスでしかもパンデミックですが・・・
目に見える形!?なので恐怖もひとしおです・・・
これ以上は書かないほうがいいかと思います
というかこれ以上、ネタバレしたら怒られそうです
具体的には何も書いてませんよ~
ぜひ楽しんでください


『赤い三日月 小説ソブリン債務』(黒木亮著 幻冬舎文庫)

久々の黒木亮です
少し前に読んだ「鉄のあけぼの」がイマイチだったので、どうかなとは
思ったんですが、やっぱり金融系、特に海外系は力が入ってますね
著者の経験も含まれているからでしょうけど臨場感とか素晴らしい


赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)
(2014/12/04)
黒木 亮

商品詳細を見る


主人公は東西銀行ロンドン支店でトルコを担当する
時代は90年代頃が中心で、体外債務を抱えたトルコは外資導入を近代化して
経済立て直しを図っていた。しかしイラクのクェート侵攻や米系格付会社の
投資不適格判断、汚職にまみれた政治家の台頭など内外情勢は苛烈
現場を顧みない本社に辟易しながらも、トルコをデフォルトさせないために最善を
つくす主人公や他社のライバルたち。厳しい財政事情、政治動向に制約を受け
ながら外銀と交渉して瀕死の国を立てなおそうとするトルコの官僚たち

「トリプルA」なんかに近い展開でした。トルコ本来の経済力云々ではなく、他国との
パワーバランス(特に米国に対する)で投資基準が決まる
ただ東西銀行だけは別でしたけど、トルコなんかダメだろ!!みたいな・・・
この本だけではないですけど、やはり貫かれているのはプロフェッショナリズム
主人公の上司のセリフ「意味のあるディールは10年に1度しかない!これはその
意味のあるディールなんだ!」かっこいいですね~いないかなこういう上司
こういう上司もライバルには妬まれて嵌められたり・・・
金融系のドロドロが詰まった一冊です(^_^;)
でも清々しく読めるのは、貫かれているプロフェッショナリズムのおかげですね


『税効果会計の経理入門』(トーマツ 中央経済社)

第2四半期決算が無事に終わりました
今回も短い日程で、子会社3社の決算と親会社の決算、税効果に税金計算
連結決算、連結CF表作成と一連の流れを土日返上で頑張りました
(明日22日と28日に代休とります。下の子達は月曜金曜にして三連休に
してあげました~やさしい上司だな~俺って!!)

さて今回の税効果ですが、いつもの事業税とか減価償却超過額、減損損失
だけでなく子会社の役員退職に伴う退職引当金の減少や前月に売却した
子会社株式の減損などがあり、そこそこ楽しめました(^^)

税効果やってる中で考えることもいくつかあり、この本を読んでみました


税効果会計の経理入門(第4版)税効果会計の経理入門(第4版)
(2013/05/29)
有限責任監査法人トーマツ

商品詳細を見る


この本、実は読むの2回目です
一度目は会計事務所時代、前に勤めていた会社に税効果を導入するにあたって
読みました
(なんせ、この時の会計事務所の上司は「税効果なんてわからん!やるなら会社
で勝手にやってくれ!」なんて会計事務所にあるまじき暴言吐いてました・・・)
当時経理を担当していた役員の方に「やってくれ」と裏から手を回されて、当初は
悩みながらやってました・・・当時、税効果やってる会社なんて自分の担当には
ありませんでしたから・・・)
その時に買いまくった税効果会計の入門書です
大体、トーマツさんの本って難解なものが多いのですが、これは本当にわかりやすく
書かれており、当時は非常に助かりました
あの時のことを思い出し、懐かしみながら今回も読んでみました
わかりやすいのもあるんですが、やっぱりあれから何年も習熟していると細かい
部分まで容易に理解できます(^^)
ただ、例題が極端すぎて簿記1級とか簿記論レベルになっているのが現実感がない
というかなんというか・・・

その中でもあれ?って思ったのが
例えば、投資有価証券などで繰延税金資産に計上していたものを翌期に洗替するのは
簿記論の練習問題もよく出ますが
売却等したときの処理というのは、初めて解説されたような気がします
もちろん繰延を洗替して評価を元に戻してから、売却処理を行います
最近はこういう問題も出るのかな・・・
書いてみるとなんでもない処理ですが、すごく新鮮でした(^^)

また時間をおいてから読んでみたいと思います


もうすぐ5月・・・ゴールデンウィークですね
とはいえ、前半の休みはないだろうな・・・と思っていたのですが・・・
こんなスケジュール作ったアホ証券会社の顧問契約が解除になりました
前からしていたお願いが効いたのかどうかは不明ですが・・・
これでスケジューリングが自由にできます(限度なくではないですけど)
というわけで5月から取締役会の日程が2週間ほど遅くなり、今までみたいな残業や
休日出勤はなくなりそうです
代休は代休でうれしかったんですよね。まだ有休なかったから自由に平日休みを選べる
のはある意味重宝していたんですが・・・もうすぐ有休付与されるんでそれまで我慢します
でも5月って営業日数が少ないな・・・中旬には開示もあるから忙しそうな・・・


『たった9時間でSPIの基礎が身につく!!』(深沢真太郎著 一ツ橋書店)

深沢先生の著書です^^; 深沢先生シリーズで読んだのはこれが最後

SPI・・・懐かしいですね~
はるか昔、就職活動中によく受けました~
面接対策と同様に重視されていて、対策本解いたことがあります


たった9時間でSPIの基礎が身につく!! <2016年度版>たった9時間でSPIの基礎が身につく!! <2016年度版>
(2014/06/20)
深沢 真太郎

商品詳細を見る


おもに学生向けに書かれています
非言語分野でよく出題される確率の問題や組み合わせ、割合(食塩水)・・・
それらの基本問題の考え方、解き方が解説されています
本当に懐かしいな~
苦手だった問題もチラチラと・・・今解説されて解いてみるとすごく簡単に感じます・・・
練習問題も載っていますが、ためしにSPIの問題集を一冊買ってやってみようかな

『仕事に使える数学』(深沢真太郎著 ダイヤモンド社)

またまた深沢先生の著書です
結構出版されてますね(^^)


「仕事」に使える数学「仕事」に使える数学
(2013/02/01)
深沢 真太郎

商品詳細を見る


最初に紹介した2冊 数学女子シリーズはストーリー形式でしたが
通常の解説形式の本にしたこういう感じになるんだろうなという内容です
内容的に目新しいものはないのですが^^; それらをさらに深く追及して説明
している内容です
数学女子シリーズで気になった方は読んでみるとさらに理解深まります
新しい項目としては確率と割合について述べられてまして、これらを混同して
いる方がいかに多いかが書かれています
実際私も混同してました^^;
コミュニケーションについても触れられているので、数学女子とこの本を読む
だけで深沢イズムは理解できるかも知れません^^;


全国経理教育協会 経理実務士

全経の経理実務士って知ってます?
おそらくというかほぼ確実に知らない方ばかりかと思います^^;

全経の認定資格で
・全経簿記1級以上
・税能検定3級以上(法人税・消費税・所得税のうち2科目)
・電卓検定、計算実務検定、コンピュータ会計、珠算の2級以上1科目
という条件を満たし、申請すると認定されます

一応条件満たしていたので申請しました
コレクター的には満足です^^;

IMG_0222 (1)

すごく立派な賞状なのでびっくりです
というかサイズでかい
今までの資格の認定証とかは全部書類ケースに入れているんですが入らない・・・
そういう場合は・・・折ってます・・・
1級FPとかもデカかったので折っちゃいました^^; 嫁からはもったいないと言われてますが・・・
立派すぎて折るのが申し訳ない感じです
厳重に保護して送ってもらったんですが・・・すみません^^;


結構歴史は古いみたいで昭和48年からある資格らしいです
一時期認定試験もあったようですが今は行われていません
一応、経理に必要な基礎知識(簿記 税金 電卓とか)を身につけてますよという証明には
なるだろうし、最初に目指す資格としてはありだと思います
これから経理を目指す方なんかにはお勧めしたいと思います

『こまったら、数学的に考えよう。』(深沢真太郎著 すばる舎)

深沢真太郎さんの著作です
一人の著者の本を集中的に連続で読むと、それぞれ単発に時間をあけて
読むのとは違って理解が深まりますよね
単純に本に書かれていることだけではなく、その裏まで読み取れるように
なるというか(言いたいことはこうではないかというのが読み取る勘が鋭く
なるという感じです)


こまったら、“数学的こまったら、“数学的"に考えよう。
(2013/03/21)
深沢真太郎

商品詳細を見る


書かれていることは以前に書いた数学女子の話に出てくる内容とあまり
変わらないのですが、それらを詳細に、また違った視点で書かれているので
理解を深めるのに役立つ感じです

ビジネスでこういう状況になったらどう考えるべきか?
以前にも書いた、まず出すべき答えまたは結果、求める成果を1と仮定して
数字を展開していくと、こうすればいいという手段が得られる
簡単に書くとこんな感じでしょうか?
これをあらゆる状況を仮定して書かれています
数字とビジネスをからめて考えるのに適した一冊です


『数字を使えば9割伝わる!』(深沢真太郎著 秀和システム)

深沢先生の著書です
連チャンで読んでます(^^)
Facebookで深沢先生に友達申請したら快く了解がいただけました
最新情報はFBでゲットできそうです


数字を使えば9割伝わる!数字を使えば9割伝わる!
(2014/03/28)
深沢 真太郎

商品詳細を見る


こういう数字本には珍しく、コミュニケーションに重点を置いています
特に数字を使うことで、より具体的に明確に指示や命令が伝わり、効率性も向上する
というのはよくわかりますが、実際はちょっと難しいですよね
以前に紹介した2冊では「数会話」
会話に必ず数字を入れるというのがありましたが、それに特化した内容です
前の2冊で数会話が気になった方にはぜひ読んでほしいと思います


『こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。』(深沢真太郎著 日本実業出版社)

「仕事で数字を使うって、こういうことです。」の続編です
もちろん深沢先生の著書です


数学女子 智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。数学女子 智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。
(2014/07/25)
深沢 真太郎

商品詳細を見る


登場人物は前回と同じですが、今回は営業リーダーのライバルが登場します
あまり数字的勉強には関係ないのですが、前回よりもストーリーを面白くしよう
としている意向なんでしょうか(^^)

・すぐに数字を持ち出すための思考回路
 仮定としておく数字を数学みたいにxにするのではなく、1と仮定して計算する
 というのは私にとって斬新でした。これは応用いろいろ効きますよね
・ストレスなく小数の計算(パーセントの計算)をする方法
 分数を使えば計算は単純化できるのは外食時代に社長から徹底的に仕込まれ
 ました。これも応用効きます
・専門用語なしで損益分岐点を理解しよう
・回帰分析

と、前回よりもビジネスに直結した内容になっています
損益分岐点なんて今更目新しい内容でもないのですが、中学生でもわかるように
専門用語を排除し、説明できるようにするために内容を理解する・・・ことで
実際に応用ができるよう解説されているのは、さすが数学コンサルタントです
損益分岐点がピンと来てなかった人も、これなら腑に落ちるのではないでしょうか

他にも深沢先生の著書は一通り読んだのですが、エッセンスはすべてこの2冊に
集約されている感があります
この2冊だけでも読むことをお奨めします

あとビジネス数学検定というのも受けてみようかと思います


Page top