FC2ブログ

『暖簾』(山崎豊子著 新潮社)

山崎豊子さんの著書にしては珍しく薄い本です(全1巻)
200ページくらい・・・

暖簾 (新潮文庫)暖簾 (新潮文庫)
(1960/07/19)
山崎 豊子

商品詳細を見る


今月は内部監査があったり、組織変更過程での内輪もめがあったりで
なかなか仕事が進まず・・・ちょっと残業気味・・・
寝る前に軽く読んでたんですが・・・結構面白かった!さすが山崎豊子!!

明治29年、淡路から大阪に出てきた少年が、丁稚奉公して頑張って暖簾分けしてもらい
途中、困難が続きながらも・・・
大阪商人のお話です・・・簡単に言うと
ちょっと暗くなりがちなテーマですが、そんなこともなく、大阪商人にとっての暖簾とは何か
儲けとは何か・・・をちょっと考えさせられる小説でした

疲れた時に、ちょっと読む・・・そんな感じの小説です


スポンサーサイト



『87 CLOCKERS』(二ノ宮知子著 集英社)

『エイティセブン・クロッカーズ』と読みます
漫画です^^;
著者は『のだめカンタービレ』を書いた人

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/10)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


内容を説明するのが非常に難しい
簡単に言うと・・・音大生が世界一速いパソコンを目指す漫画です
意味分からんでしょ^^;

こういう世界があったこと自体知らなかったです
水冷式・・・空冷式・・・液体窒素かけて冷却・・・この時点でも「はッ?」って感じ
なんですが・・・シューティングゲームのバトルでペア組んで、一人がゲーム、もう一人
がマシンの制御って・・・

私も始めたら・・・完全にハマるでしょう・・・^^;
もう少ししたら、自作PCに乗り出そうと思ってるんで・・・余計に(^^)

気になる方は・・・検索してみてください(^^) ディープですよ・・・



『奇天烈な店』(村松友規著 小学館)

『男はみんなプロレスラー』以来、人生2度目に読む村松さんの著書です
ブックオフで100円で購入^^;

奇天烈な店奇天烈な店
(1999/06)
村松 友視

商品詳細を見る


実在する店なのかどうか不明ですが、設定では東京某所にある鮨屋が舞台
その鮨屋の常連たちの話ですが・・・
出てくるメニューが・・・
鮨屋の大将というよりも医者。料理というより腑分け(解剖?)
これが鮨屋? 親方が繰り出す、異品、珍品、奇天烈品の絶妙な味を描く・・・
と帯に書いてあるように聞いたことない料理が毎回登場します

石ガレイの胆汁、アナゴの肝の胃詰め、真ガレイの脳みそ、真ガレイの椎間板
アオリイカの軟骨、ホタテのひもの干物、焼竹入りコノワタ、アユの素揚げ玉子素麺抱き
イカの眼球を支える筋肉部分(?)、三分蒸して三時間冷やしたタラの白子・・・etc.
イラスト入りです(^^)
っていうことは・・・やっぱ・・・どこかに実在するのか???

ちなみにイカの眼球を支える筋肉部分は、玉子の白身部分みたいなやつで、ほのかな
塩味が絶妙だそうです・・・

よく考えつくな、こんな料理(^^)


民法5のレポートが却ってきました

課題は「有責配偶者からの離婚請求について論じなさい」

評価は・・・・・・おかしいな~ 結構自信があったレポートなのに (T_T)

指導欄には
・読みやすいレポートでしたが、検討すべき事項が検討されていない

・参考文献が少ない。読んだ2冊についても読み込みが甘い

・一般論にまとまりやすい傾向がある

・判例の分析については・・・etc.


まあ、いちいちごもっともで・・・
論文構成と表現力のみが高評価で、基礎知識と資料研究が低評価
本文にもびっしりと論評や注意点が書かれています
意義や条例、判例、論点、結論という構成はいいんでしょうけど、検討不十分か・・・
今後は資料読み込みに注意ですね


えーと、これで年末年始の休みに書いたレポートはすべて戻ってきました
12本書いて、2本不合格^^;
卒業論文以外に書かなきゃいけないレポートが・・・あと・・・56本・・・
そして、試験が・・・18個

卒業率7%の壁が見えてきました・・・

財務金融アドバイザー

財務金融アドバイザー試験受かりました!!

DSC_0196.jpg

試験に受かったのは分かってたんですが、結果報告がなかなか来ないんで、ちょっと
ドキドキしてましたが・・・ようやく来ました!(^^)!

なんだかんだで3ヶ月間の通信教育と3回の試験を受けてますんで、意外と取得は大変
でした。(試験も結構難しかったし・・・)

さあ、これを取ってどうこう…というのはないんですが、とりあえず銀行の話は以前より
分かるようになりました^^;

さあ・・・DCプランナーはどうだったんだろう・・・奇跡が起こるか!?

民法5(親族・相続)のレポートが却ってきました

課題は「相続回復請求権について論じなさい」

民法5は書きやすい!! で、連続で提出してます(^^)


評価は・・・・・・初の高評価(5段階評価です)

指導欄には

・添削課題基準には一通りふれられており、よくできていた   !(^^)!

・学説整理では説明不十分な点もあった

・53年判例では、判旨の引用が長い。検討は不十分

・・・なんか、あまり評価が良くないような・・・


本文においては、細かい字でびっしりと指導が・・・
(主語が曖昧とか・・・主語が曖昧って^^;)

的確な指導に従い、次回も高評価を目指します。。。



そういえば、本日から3日間も親会社からの監査が始まりました
監査担当官は元・銀行員。かなり細かい。
各営業所からの小口現金残高報告書を回収後、会計ソフトに入力してから社長に
回覧すべきか否かで20分くらい説明された・・・
(現状は社長に回覧後、入力している。いけないことらしい・・・)

あとは、棚卸。月次決算をやってる関係上、毎月末に実地棚卸やれとのことですが
どんだけ手間かかると思ってんだか・・・
しかも、どんだけ効果があるの?
最終的には1千万くらいかけて在庫管理ソフト構築しろとか言ってたけど…意味ない

あとは労務管理系・・・事務業務管理系・・・がほとんど・・・
昔の雇用契約書と就業規則の文言に誤りがあるようですが、就業規則作ったのって

アンタらだよね!!
親会社命令で・・・

ストレス溜まりまくりの一日でした・・・
明日は親会社の顧問会計事務所も加わるとのこと・・・特約店の回収の件だろうな・・・

明日、休みて~

『中学受験で子供と遊ぼう』(高橋秀樹著 日経ビジネス人文庫)

題名がちょっとアレで誤解を招きそうなんですが、中学受験を控えたお子さんを持つ
父親にはぜひ読んでほしい本です
(実際、嫁には「何これ!」って言われました。題名がな・・・)

中学受験で子供と遊ぼう (日経ビジネス人文庫)中学受験で子供と遊ぼう (日経ビジネス人文庫)
(2007/02)
高橋 秀樹、牧嶋 博子 他

商品詳細を見る


著者は「さんまのスーパーからくりテレビ」なんかを担当する放送作家で、奥さんはTBSの
報道局社会部担当部長・・・凄っ!な共働き夫婦
最初は中学受験なんか考えてなかった著者夫婦が、子供の中学受験を決めて、塾選び
中学訪問、過去問分析・・・などなど子供のフォローを楽しんでやる過程を書いたものです
もちろん、すべてが順調に行ったわけではなく、最初の塾選びの失敗や受験校の選択など
悩ましい問題も発生しています
それらも含めてどう対応したのかが書かれてるんですが、子供の意見を中心に行動を決め
ているのは、やっぱり素晴らしいですね
うちでも同じような問題が発生していましたが、ほとんど親(私)の意見中心でした^^;

私も中学受験は考えてなかったんですが、神奈川県の私立中学では2年生までに3年生
までの学習を終えて、中学3年時には高校1年の学習までやる
で、私立高校1年では、高校2年の学習を始め、2年時には高校3年の学習を・・・
高校3年時で大学受験の学習を行うとなると・・・
高校から私立ではもう遅い・・・というか、高校からついて行くのは相当大変・・・ということ
を聞き、中学から私立に行かせないと、後々大変だ~となるので、長男に話して受験を
決めました
これはもう受験せざるを得ない流れになってますよね・・・強制のような気がする

塾選びも大変で、最初は家の近くにできたスクール○Eへ
個別学習(一人の先生が二人同時に教える形式でしたが・・・)だったんで料金も高めでし
たが、個別学習だと、しっかり教えてもらえる・・・と思ってたのが大間違い
先生はバイト・・・しかも無断欠勤とかするし・・・欠勤した場合、変わりがいないと、子供達
は、ひたすら自習するしかない・・・なんだ!それ!ってことでココはやめて大手の塾へ
ここでは入塾に試験とかあったんですが無事に合格(^^)
初めからネットや口コミで確認してたんですが、実際に入ってみないと本当のところは分かり
ません・・・(ここのところも本には書いてありました・・・)

私も小学生のころから塾には通ってましたが、大体、学校帰宅後の4時前後から6時ころまでで
家でしっかり夕飯食べてましたけど・・・
長男は夕飯は弁当にして、5時から10時まで・・・凄いな!!小学生なのに・・・って感心して
ました・・・土曜日は同様。日曜日は12時から6時まで・・・
遊ぶ時間が極端に減り、子供の肉体的、精神的負担は相当だと思い、フォローしましたが
どうやら、塾に好きな女の子がいたようで(これは、つい先日、教えてもらいました)本人は割合
楽しんでいたようです(良かった)
(※好きな子ができたという告白ほどショックなものはないですね・・・なんか・・・^^;)

ここ2年間くらいは、志望中学の過去問題集の研究や、中学の訪問なんかをやってきましたが
正直、著者のいうような子供と遊ぼうという感じはありませんでしたね
ただ、中学受験の問題って、ただ暗記を試す問題よりも考えさせる問題が多くて楽しめました
(「なぜ黄金は多くの人の欲望をかきたてたか?君の考えを書きなさい」とか)
ネットで調べたり、百科事典を購入したりと・・・これは良い経験でした

そんな経験をトレースできるのが、この本です。興味があれば、ぜひ一読を


CIA Part3 合格!!

CIA(公認内部監査人)試験のPartⅢを受験してきました

CBT方式なので、結果はすぐに分かり、今回は・・・合格!!

DSC_0194.jpg

PartⅠ、PartⅡと落ちて、漸くです・・・
今回落ちたら、もう受けるのやめようかと思ってました^^;

PartⅢの分野は・・・
 財務会計 管理会計 法 経済 IT  となっていて、どちらかといえば得意分野

一応、理解はできている分野ばかりなんですが、聞いたことない用語もチラホラと
ただし、計算問題は非常に楽(^^) 

といったところで合格できたんですが、やっぱりテキストに書いてあることを理解するだけ
ではダメで、非常に応用力が求められている
単にテキスト書いてあること理解できてるぜ~っていうだけでは受からない試験ですね


次のPartⅣは3月に受験する予定です
しかし、3月は10日に ビジネス会計検定1級  17日に個人情報保護士・・・と連続なので
その合間を見て受けなくては・・・

CIA模擬試験

Abitusオプション講義の模擬試験を受けてみました
(通信教育はTAC)

明日(今日)が試験で、受けれるギリギリ開催が22時からの試験のみ
問題は見たことないのばかり・・・
ヤバい!!

受けてみた結果は・・・65点(100点満点)

無題

これってどうなの?合格率は・・・

気になる・・・眠れない・・・明日午後が試験なのに・・・

受けなければよかったような・・・(+_+)
Page top