FC2ブログ

民法5(親族・相続)のレポートが却ってきました

課題は「後見制度の概要と問題点について論じなさい」

評価は・・・   3以上の評価をもらったことがない・・・

指導欄には
・本レポートでは、後見制度の概要と問題点について、一定の理解が示されており
 合格レベルに達していると認められる !(^^)!

・特に、成年後見制度が法定後見制度(後見、保佐、補助)と任意後見制度から成り
 立っていることが理解されている点
 問題点として、法定後見、任意後見にひそむ危険性について分析されている点などは
 いずれも積極的に評価できる  !(^^)!!(^^)!!(^^)! こんな評価されたの初めて!!

 しかし、よく読んでみると書かれているのは当たり前のような・・・

マイナス点は
・類型が対象としている能力の程度についての整理が足りない
 (民法7条、8条、11条、12条、15条、16条の検証)

・未成年後見制度について説明がされていない

・条文番号や判決の年月日等が明示されていない ・・・あちゃーって感じ。これはマズイ

あと、本文中に赤ペンでいろいろ書かれているんですが
結論部分「家族や周囲の人がこの制度を理解し、地域の社会福祉関係者や専門家等に
意見を聞き、相談しながら・・・」の部分には二重丸が書かれているのがうれしいですね
(結論が評価されている!(^^)!)


この反省点を生かし、とりあえず、民法2の再レポートに取り掛かろう・・・
スポンサーサイト



商法(会社法)のレポートが却ってきました

初の商法レポート(会社法)が却ってきました
まだ、民法1(総則)のレポートにも手をつけてないのに・・・

課題は「委員会設置会社における社外取締役の役割とは何か説明しなさい」
なんとなく書けそうでしょ?しかも「論ぜよ」ではなく「説明せよ」タイプだし

評価は・・・ こんだけ書きやすい課題で・・・3か・・・

指導欄には
・課題についての理解および明快な説明を評価します

・論述不足なのは
 委員会の意義と機能についての整理
 コーポレートガバナンスからの観点が弱い
 役割発揮のために、どのような制度が補充されるべきか
 監査委員会との長所短所

 って書いてあったけど、2,000字で纏められないでしょ!!これ!!
 たまに、こう叫びたくなる課題や指導がありますよ!!

 本当に・・・(+_+)

ビジネス会計検定1級受験セミナー

先週の土曜日に行ってきました
会場は神田で、朝9時から・・・ 平日の疲れが・・・

DSC_0189.jpg

1級受けるかどうか迷ったんですが
せっかく2級まで勉強したんだし・・・
簿記1級ほど難しくはないだろ(^^;)、証券アナリストの財務分析とかぶってるし・・・

とかいろいろ考えた結果、とりあえずセミナー行ってみようかなということで・・・
申し込んで行ってきました

結論としては、結構難しいかも・・・
簡単な分析は2級で終わってるんで、1級は分析の先がメインになってます
つまり、数値分析後、何が問題なのか?どうすれば改善できるのか?を記述で書く試験と
なっていて、聞いてくる数値も証券アナリストよりレベル高い^^;
普通にシンプルqやEV/EBITDAとか・・・ファイナンス分野が・・・入ってる・・・

試験は3月10日 あと1カ月ちょい。みっちりやります
で、翌週の17日は個人情報保護士。これは会社命令なんで・・・興味がイマイチ
あと、3月中にCIA(公認内部監査人)のPartⅣを受験する予定
3月は試験が目白押しです^^;

民法2(物権)のレポートが却ってきました

課題は
「物権変動における公示の原則と公信の原則を説明し、その関係について論じなさい」

評価は・・・  これもか!! 結構自信あったのに・・・

指導欄を見ると
・物権の排他性、絶対性の説明の後に、公示の必要性が導き出されていれば

・公信の原則についてはよく書かれているが、さらに94条2項の類推適用との違いに
 ついても触れるべき

・171条、178条に言及があるから理解できているとは思うが、不動産は登記、動産は
 引渡&公示方法ときちんと示すべき(曖昧な書き方でした

結構いいこと書いてある気がするけど・・・なぜ2???

PRESIDENT 2013.2.4

あまり買うことがないプレジデントなのに、また買ってしまいました

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]
(2013/01/12)
不明

商品詳細を見る


特集の一つに「日本一稼ぐ社員のスケジュール術」というのがあり、ここで紹介されている
社員の一人に取引先の方が・・・

ユニチャームの川崎さん!! 読みましたよ!! 結構儲かってるじゃないですか!!
粗利見直してください!!(^^)

早速、コピーとって、社長と営業、事務・・・なんかに回覧しました(^^)
「川崎さん!!」という声があちらこちらで・・・
次回、弊社に見えられた時が楽しみだ(^^)

特集ももちろん面白かったです。簡単にシェアすると

・できない人ほど眠る時間を削るそうで、7時間は眠ったほうがいい
・エスカレーターでは止まらないで歩く。階段登るだけでも脳にいい
・部下を平等に扱うのは時間の無駄
・年収が高い人ほど早起き。通勤時間は勉強。勉強ツールを持ち歩く
 継続して勉強している。不安なく毎日よく眠れている
 人生の目的や目標を常に意識している
・年収が低い人ほど、1日にネットを1時間以上やっている
 ・・・etc.

他の記事(今、やるべきこととか)を見ても、目新しいことではないんですが、やっぱり
やるべきことをきちんとやるというのが最強なんでしょうね
(ネット(ブログ)書きながら言うのも説得力ないですけど・・・)


法学のレポートが却ってきました

課題は「法源としての慣習法の意義について論じなさい」でした

評価は・・・・・・一応、合格だからいいか・・・
指導欄には
・甘くみて「2」とする (最初にこれですか・・・

・法源の基本的な理解はOK
 主要な論点(慣習法の許容される法領域・・・など)が論じられていない

・課題には「一つの論題についてのみ論ぜよ」というものはない

なるほどね、掘り下げが弱いと・・・
しかし、書いてて思うんだけど、やっぱり法学は難しいよ!!
必修だし、基礎というか、最初に勉強するイメージがあるけど
どう考えても 哲学
道徳の関わり合いを聞いてきたりとか・・・

とりあえず、2つのレポートは書いたので、あとはスクーリングで授業受けて
理解を深め、テストを同時に受けるという形でクリアしたいと思います

法学は終了ということで(^^)

『洗面器でヤギごはん』(石田ゆうすけ著 幻冬舎文庫)

題名は意味不明です。世界のどこかで、洗面器に入れられたヤギのごはんを食べた
とかいう話ではないです(^^)

洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
(2012/07/06)
石田 ゆうすけ

商品詳細を見る


副題に「世界9万5000km 自転車ひとり旅」とあるように、著者がサラリーマン辞めて
自転車で世界中を走った時のご飯の話です(簡単に言うと)

決してグルメ本ではないので、「凄く凄く!不味かった~」みたいな文章も多いです(^^)
タイでは コンビニのあんパン 虫 について触れています
あんパンについてはともかく、虫については”かっぱえびせん”みたいだそうで、ビール
にはベストらしいです。。。(そのうち、挑戦してみます^^;)

ポーランドではスイーツご飯。ジャムをかけたご飯が・・・本当に不味かったと・・・
(ジャムがかかったパスタみたいなのが名古屋辺りにもあったような・・・)
好きな人は好きなんでしょうかね?こういうの

基本的には田舎を走ってるんで、その土地土地で出会った人々との交流が書かれて
いるのも良いです。ただ、田舎の人がすべて優しいわけではないようですが・・・
そこもまたリアルで^^;

北米・南米・ヨーロッパ・アフリカ・アジアに分かれて書かれてますが、読んでみると
世界を自転車でっていうのは、結構凄いよね。3年の予定が7年かかったというのも頷ける

この本以外にも台湾編があるようなので、チェックしてみます(^^)


DCプランナー1級試験を受験してきました

DCプランナー1級試験を受けてきました
2級は一昨年くらいに受験してたので、DC関係はきれいさっぱり忘れていました^^;

が、昨年に1級FP試験を受けたばかりだし・・・CFPだし・・・いけるだろ!!
ってことで受験してきました

結論から言うと・・・難しかった・・・
とりあえず、2ヶ月間、ひたすら金財の問題集を解いてたんですが、それだけで
合格は無理そうです^^;

解答速報で確認してみましたが
・基礎編は・・・50問(100点満点)で29問正解(58点) ^^;
・応用編は・・・15問(100点満点)回答箇所38個で、26個正解 ^^;

合計200点、140点以上で合格なんですが・・・全然ダメじゃねーか!!
って感じになりました・・・

まず基礎編なんですが、「わが国の年金制度」分野が難しかった
昭和28年4月2日生まれは・・・満62歳で・・・とか、平成24年12月に66歳を迎えた
とか、全然ダメダメでしたね。覚えてません。テキスト読んでません。。。

これに対して「投資に関する知識」は意外とできました
期待リターンや標準偏差(リスク)、利回り、PERはいくつになるかとか、かなり基本的な
問題ばかり・・・電卓たたけば素直に答えが出てきましたんで

この2つの分野で差がありすぎ

あと、応用編は意外とできた
退職給付関係がほとんど。しかも簿記論の基礎レベル(^^)
これに対して、問題集ではやたらと出てたインフォメーションレシオやシャープレシオを
計算させる問題がない!!
あんだけ演習させといて、1問も出題されてない・・・

とても試験実施団体が出版している試験対策問題集とは思えません・・・

今回の反省を込めて、これから受験をされる方に対するアドバイスとしては・・・
協会の試験対策問題集以外に、テキストが絶対に必要だということですね
2級は試験対策問題集を繰り返すだけでなんとかなりますが、1級は厳しい

特に最後のほうの問題で
Aさんが個人型年金を60歳時点で一時金として受け取る場合、課税されない範囲内で
最大限の額にする・・・っていうのがあるんですが
これ、退職所得の非課税限度額
いわゆる、勤続期間が20年以上の場合
 (勤続年数(切り上げ)-20年)×70万+800万 っていう計算知らなかったらできないです
FPやCFPでは頻出なんで覚えてましたが、試験問題集では全く出てきません・・・

こういうところからの出題があるんで、テキストは必読でしょう

いつかリベンジしたいと思います


まずは 今週土曜日(2月2日)にCIA(公認内部監査人)のPartⅢを受けてきます
PartⅠ、PartⅡ・・・粉砕してますからね・・・今回こそは・・・


民法5(親族・相続)のレポート作成

民法5のレポートを作成しました。
本当に取り組みやすいというか書きやすいというか・・・

課題は「有責配偶者からの離婚請求について論じなさい」です

有責配偶者とは、婚姻関係の破綻について責任のある者のことで
要は浮気相手と結婚するから、離婚してくれ・・・とは言えない
ということです^^;
なぜなら、婚姻継続を望んでいる配偶者にとって非常に酷な状況となる
ため、信義誠実の原則から、これを認めないとしているんですが
問題となるのは、民法770条の5つの離婚原因で
特に5号には、「継続が困難な重大な事由がある場合」としか書かれて
なく、どっちが請求できるのかが書かれてないんです

ただ、昭和62年9月2日の判決以後、別居が長期間であるとか未成熟子
がいない、離婚により相手が悲惨なことにならない・・・とかが認められれば
有責配偶者からの離婚も認められるようになりました
(ここからは判例をバンバン書きました^^;)

結論としては、一律にダメ!ではなく、個々の事情を勘案し、実質的な判断を
下すことが重要・・・で締めくくりました

さあ、今回の評点はいくつになるかな?今回は自信作なんですけど

民法5(家族法・相続)のレポート作成

民法の中でも比較的簡単な家族法・相続のレポートを作成しました。

課題は「相続回復請求権について論じなさい」です

相続回復請求権とは、相続人でないものが相続人として相続していた場合
真の相続人が、侵害の排除請求を起こした場合に、相続権を回復するという
もので至極普通に思えるんですが・・・

民法884条では、期間制限(5年間行使しなかったら時効で消滅)しか規定されて
なく、具体的内容がない
→ 解釈が紛糾している
   所有権に基づく返還請求権など物権的請求権などとの兼ね合いが問題
という感じで、かなり深い課題です

一応、有名な学説(独立権利説、集合権利説、訴権説)を書いて、実務的な問題
として、共同相続人間の適用についてふれて結論としたんですが、どうでしょう・・・

今までの不合格の反省点の一つ、判例にはバッチリ触れておきました
2,000字前後で纏めるなら、このくらいで・・・というのは甘いかな^^;
Page top