FC2ブログ

民法5(親族・相続)のレポートが却ってきました

民法5(親族・相続)の第2課題レポートが却ってきました

評価は・・・!!(^^) 2じゃなくて・・・不合格じゃなくて良かった

課題は「嫡出推定制度と嫡出否認制度について論じなさい」

評価には
・全体的に良く論述できていた
・趣旨、問題点について正しく理解できている
・丁寧な学説整理と判例紹介は好印象です       !(^^)!

しかし・・・
・「推定の及ばない子」の他に「推定されない嫡出子」がある。要確認
・条文を丸々引用しているが内容すべてが問題でないなら、条文番号引用だけの方がよい
・条文の特定文言が事実認定や解釈の前提として問題となるなら、文言のみを引用

あと、最後の方で「嫡出推定制度を廃止した場合の問題点」について書いたんですが
どうやらこれは蛇足だったようです・・・
・いささか飛躍しています

初めの意義の部分を条文の全引用ではなく、自分の言葉でより詳細に趣旨や仕組みを
論じた方が良いとの指導もいただきました

なるほど・・・次回に反映させます


ところで民法5については、これで課題レポートがコンプリートしました
ようやく学科試験が受けれます

学科試験か・・・5月は間に合わないんで、7月には受けてみようかな・・・
スポンサーサイト



民法5(親族・相続)のレポート作成

民法5(親族・相続)のレポートを作成しました

今回の課題は年度が変わって、新たなテーマを選択
「嫡出推定及び嫡出否認の制度について論じなさい」です

摘出推定とは民法772条の規定で
婚姻期間中に生まれた子供の父親はあなたです!っていうのを法律的に決定する
ことなんですが・・・
父親は、子供が生まれたことを知った時から1年以内に否定することができるって
いうのが嫡出否認でして、一読したところ、書いてあることは普通なんですが
ちょっと面倒な判例がいっぱいある法律です

子供の身分関係を早期に安定させるっていうのが、この法律の目的なんですが
夫の海外赴任中に、複数の男性と性交渉した・・・とか、簡単に決定できない事例も
多く、運用上において、やっかいな議論を抱えていて纏めるのに時間がかかりました

結局シンプルに、この法律が抱えている問題点を提起して、DNA鑑定もあるから
この規定はいらないでしょう!!
→ でも廃止されると、こういう問題が発生します
  (生殖医療で血縁関係がないから、相続発生時にもめるとか・・・)

結論として、子供の権利を守るためという観点から、この法律は必要です!!
で纏めました・・・

これで、民法5のレポート4本は終了
レポート合格して、ようやく試験を受けれます・・・これで4単位取得・・・
全部で18科目・・・卒業できるのか???

民法3(債権総論)のレポートが却ってきました

先日提出した民法3(債権総論)のレポートが却ってきました

評価は・・・合格 3(5段階評価) でした!!

いや~よかった・・・
論ぜよタイプではなく、説明せよタイプのレポートで不合格だったんで、かなり
ショックだったんですが、再検討&判例&条文増やして、結果として文字数も
オーバー・・・心配なかったようです・・・

特に前回に指摘を受けた「債務不履行責任における因果関係」
かなり重点的に勉強して書かせていただきました!!
(最初からやれよ!!ってツッコミは勘弁してください^^;)

ちょこちょこ書いてる民法5(親族・相続)も、そろそろ纏めないと・・・


最近仕事が忙しくて、19時前には会社を出てたのに、ここ最近は20時30分
くらいまで残業しています(-_-;)
家に着くのが21時30分くらいで、なんだかんだで寝るのが23時くらい
でも起きる時間は変わらず4時30分
6時には相模原駅で、8時まで勉強(今はCIAと個人情報保護法)
なんか昼くらいに眠くなります・・・
役所相手の仕事なんで、今がピークといえばピークなんですが
新しくしたシステム移行が順調ではないんですよね・・・
結局、新と旧の2つのシステムを併用し、同時入力してるんで、事務員の
仕事が全然終わらない・・・年度更新も検証検証検証でなかなか進まない状況
です・・・

なんか、しばらくこの状況が続きそう

オレ、経理だから・・・システムは関係ないよ~って言えるポジションでもないんで
結局、事務員と付き合い残業・・・って感じです

明日は休みだ・・・ゆっくり休みます
事務員は出勤するみたいですが・・・ごめん!!平日は頑張るよ・・・

民法3(債権総論)のレポート再作成(-_-;)

年末年始休暇で書き上げ、不合格くらった民法3のレポートを書き直しました

論ぜよ~形式ではなく、説明せよ~形式なんで楽勝のはずだったんですが
そんな簡単なレポートがあるわけもなく、踏み込みが甘くて再検討が必要と
いうことだったんで、今回は目いっぱい踏み込んでみましたが・・・
やっぱり2,000字以内には収まらず、2,500字超という結果になってしまいました

字数が多すぎ、もっと纏めて書くこと!!・・・なんて不合格がないことを祈りつつ
投函しました


大学から2013年度の案内がいろいろ来てたんですが、肝心のスクーリング予定が
全然少ない・・・
東京だけでは足りないので、大阪とか仙台まで行かないとダメそう・・・
この辺、もう少し配慮してもらえませんかね・・・

民法5のレポートが却ってきました

課題は「有責配偶者からの離婚請求について論じなさい」

評価は・・・・・・おかしいな~ 結構自信があったレポートなのに (T_T)

指導欄には
・読みやすいレポートでしたが、検討すべき事項が検討されていない

・参考文献が少ない。読んだ2冊についても読み込みが甘い

・一般論にまとまりやすい傾向がある

・判例の分析については・・・etc.


まあ、いちいちごもっともで・・・
論文構成と表現力のみが高評価で、基礎知識と資料研究が低評価
本文にもびっしりと論評や注意点が書かれています
意義や条例、判例、論点、結論という構成はいいんでしょうけど、検討不十分か・・・
今後は資料読み込みに注意ですね


えーと、これで年末年始の休みに書いたレポートはすべて戻ってきました
12本書いて、2本不合格^^;
卒業論文以外に書かなきゃいけないレポートが・・・あと・・・56本・・・
そして、試験が・・・18個

卒業率7%の壁が見えてきました・・・
Page top